購入型クラウドファンディングの仕組み

最近登場してきたような新しい投資方法です

クラウドファンディングという投資は日本でも最近登場してきたような新しい投資の仕組みです。この仕組みは一番最初に地球の裏側にあるアメリカで開発されました。その独創的な発想がアメリカ人に大ウケして金融商品としては異例のヒット商品となったわけです。新しいタイプの金融商品ですが、その大きな流れは太平洋を越えて日本にまで押し寄せてきました。日本にこの新しいタイプの金融商品が導入されたのはつい最近のことです。その構造をよく知っておかないと思わぬ損失を抱えてしまったりしますので注意が必要です。特にクラウドファンディングで起案者となって資金調達を検討する場合には、その構造を十分に前もって調べ、よく検討してから行動を起こしましょう。そうしておかないと行動を起こした後で途中で挫折するようなことになります。

こちらはターゲットとして主に株式投資をします

この新しい金融商品の成り立ちをここで概略紹介しましょう。まずこの金融商品には五つのタイプがあります。その五つのタイプを理解しておくことで、失敗をすることは少なくなります。五つのタイプとはどのようなものなのでしょうか。まず寄付型の投資があります。アメリカではドネーション型と呼ばれています。それから購入型の投資があります。これは日本人に一番最適な投資の方法ではないでしょうか。次に融資型の投資があります。こちらは資金的にゆとりのある人に向いているような投資方法です。そしてまたファンド投資型のものがあります。こちらも資金力が相当ないと投資することができません。最後に株式投資型があります。こちらはターゲットとして主に株式投資をしますので日本人にもわかりやすい投資方法であるということができます。

こちらの投資は多少ギャンブル性があります

それでは本題の購入型クラウドファンディングの仕組みです。この購入型も地球の裏側のアメリカで開発されました。2011年3月にアメリカで開発された新しい金融商品です。こちらの金融商品が受けている理由は比較的参入障壁が低いためです。日本国内でも、すでに現在100近くの購入型投資があるといわれています。しかしながらその実態は未だ定かではありません。それはこの金融商品が日本に誕生してから時間があまり経過していないことによります。どちらかというとビットコインのように目新しいタイプですから、それで大儲けすることもできますし、逆に大きな損失を被ってしまうことも考えられます。このように、こちらの投資は多少ギャンブル性がありますので、そのような面を好まれる方には最適な投資方法であるということができます。