購入型のクラウドファンディングの分配の特徴

支援金の返還に資金の流出を伴わない

ビジネスを行うには資金が必要で自己資金を使えるならそれに越したことはありません。しかし資金が足りなかったりビジネスを加速したいときなどに借り入れなどを利用して資金調達することがあります。新しい資金調達方法としてクラウドファンディングがあり、この方法は金融機関ではなく個人から資金を提供してもらい将来的に分配を行うことになります。その中には購入型があり特徴として分配時に元本を返済する必要がない点があります。物やサービスを作るためのプロジェクトに共感を得た個人の支援者に支援をしてもらい、分配においてはお金ではなく実際に作ったものや用意したサービスの提供を行います。分配のための資金を用意しようとするとせっかくのビジネスが止まる可能性がありますが、資金が出て行かないので継続しやすくなります。

本格導入前の市場調査として使える

物を作ったりサービスを提供するビジネスにおいて、いかに顧客が求めているものを用意できるかが大事になります。せっかく作りだしても利用したいと思われなければ購入や利用がされず、そのまま提供を続けていけばどんどん資金が流れ出てしまうこともあります。購入型のクラウドファンディングの特徴として投資資金をそのまま投資家に返還するのではなくプロジェクトの成果物である物やサービスを提供する点があります。もしこのプロジェクトに興味を持ってくれる人が多くいて無事資金調達ができれば、どれくらいの市場があるのかを事前に知ることができるメリットがあります。さらに物やサービスを実際に使ってもらっての反響を聞くことができ、本格投入する前のマーケティング情報を得られるメリットになるでしょう。

プロジェクトがうまくいかないとき

会社では既存ビジネスだけでなく新規ビジネスを始めるときがあります。できれば成功させたいもののすべてが成功するわけではなく中にはうまくいかないときもあるでしょう。新規ビジネスを始めるに当たってクラウドファンディングで資金調達をすることがありますが、成功すれば起案者にとっても支援者にとってもウィンウィンの状態で進めることができます。購入型の特徴は支援者に対して物やサービスを提供しなければいけませんが、予定通りにいかなければそれらの提供が遅れたり最終的にはできないときもあります。起案者側のデメリットとしては起案する時点で魅力的なプロジェクトである必要があり、魅力が乏しければ支援金が集まらずにプロジェクトが始められなくなる可能性があります。起案力が求められる資金調達方法と言えるでしょう。