格安でオリジナルTシャツを作製するメリットとデメリット

世界に一つしかないデザインのTシャツを作成すれば、文化祭やサークル活動が盛り上がります。所属するチームのメンバー全員でお揃いのアイテムを身につければ、それだけで団結力がアップします。団結力が向上すれば、文化祭の成果が上がったり、サークル活動のスポーツの成績が向上したり、文化系の団体であれば、周囲の人々へのアピール力が増します。家電量販店のプリント用紙のコーナー周辺には、Tシャツ作成用の用紙が販売されています。この専用用紙をゲットし、後はデザイン案をパソコンで考え、それを用紙にプリントアウトすれば、短時間で素敵なデザインTシャツが出来上がります。アイロンを使ったり、重石を使う等、ちょっと準備は必要ですが、個人で素敵なデザインのものが格安で作製出来ますので、オススメです。

メンバーが大人数ならプロに依頼した方がメリット多数

ただ、小規模な団体であれば専用用紙を購入して、自分達でコツコツとオリジナルTシャツの作製作業を進められますが、所属するメンバーが百人近くに上る大規模な団体の場合は、プロに相談すべきです。プロの印刷業者に、作製代行を依頼すれば、格安のコストで済みます。一見すると自分たちで無地Tシャツとプリントアウト用の専門用紙を買った方が安く見えますが、実は大量に作るとかなりのコストになります。一方でプロに依頼すれば、団体割引が利くため、最初から印刷業者に依頼した方が、費用対効果が上がるメリットが得られます。また自作すると、どうしても品質が悪くなったり、ミスが生まれやすくなります。対してノウハウに優れたプロの印刷業者であれば、大量のオリジナルTシャツも迅速かつ正確にプリントアウトします。

オリジナルデザインT作製に関するデメリットとは

費用対効果に優れ、色々な素材をベースにしてデザインTシャツを大量発注出来ますので、サークルの公演活動が差し迫っている時や文化祭までスケジュールが厳しくなって来た時は、迷う事なくプロに依頼すべきです。とりあえず見積りだけでも先に取ってみましょう。相談と見積りだけなら0円ですし、その内容を受けたから更に組織内で比較検討するのもオススメです。オリジナルTシャツを作製する際のデメリットですが、当然の事ですが、コストが少し掛かる事です。またデザインデータの方は自分たちで先に用意しなければいけませんし、いわゆるデザイン系のソフトウェアに強いメンバーが居なければ、プロの印刷業者に入稿出来るデータ処理が出来ませんので、場合によってはややハードルが高くなります。パソコンが使え、なおかつAdobeIllustrator等のスキルが無いと、円滑にデータ入稿出来ない、それが少し玉に瑕なデメリットです。