紙箱のデザイン性を高めるポイント

   

商品を開発してそれを売る場合に必要なのは外側の部分です。紙箱のデザインを考えることが求められますが、あまりそうしたものに自信がないという人は業者に発注して作ってもらうのもおすすめです。ただそれでは味気ない、自分である程度のことはしたいという場合にはいくつかのポイントを守って考えていくことにより、よりよいものを作り出すことができます。
多くの人が勘違いするのは詰め込んだり色をどんどん追加していけばよりよいものになるということですが、実際はそんなことはなく、むしろチカチカしてしまって魅力のアップにつながらない問題も秘めています。大事なポイントはできるだけ手を加えないことであり、その積み重ねによって誰もが憧れるようなものを作り出すことができます。

シンプルさを極めることで大丈夫

色々な図柄や色を足して完成させても、単に主張が強くて中身を引き立てるまでにはなりません。あくまでも外側の部分は中身の引き立て役であることを知っておくべきです。こうしたことを踏まえて紙箱のデザインを考える際に重視したいのはシンプルさを極めることです。シンプルさというのは、色をできるだけ使わないことや図柄を詰め込まないことにつながっていきます。
ロゴを作る場合でも無理に作るのではなく、英字で書くだけというのでも十分です。これならパソコンに入っている字体を参考にしてイメージに合うものを作ればいいだけのことです。色も1色か2色にしておけば業者に発注する場合でも安く抑えられます。何事もシンプルが一番よく、余計なものをできるだけそぎ落としたものの方が美しく見えます。

中身に合わせて考えていくことも大事

重要なポイントは、中身の商品を引き立てることや商品のブランドを高めるために紙箱のデザインを考えなくてはならないということです。それを無視すると中身とマッチしないものになってしまって、意味がありません。中身に合わせて考えるということも必要になっていきます。食べ物であれば清潔さやクリーンさ、おいしさなどを考えたものにしないといけません。一般的には白をベースにしていけば問題なく、食欲を刺激する色と呼ばれる赤も大事です。
ジュエリーやアクセサリーなどはその商品が持つ可愛さや上品さをさらに際立てるような感じであれば大丈夫です。高級な感じを出したいなら黒を、可愛らしさを出したいならピンクを用いればイメージを高められます。ロゴや図柄なども同じように考えれば自然とおしゃれなものになっていきます。

ピックアップ記事

紙箱の製造、価格相談ならヤマゲンへどうぞ

ヤマゲンこと山元紙包装株式会社はパッケージ制作の会社です。創業64年を迎える実績経験豊富な会社ですから紙箱、紙袋などの制作はもちろん企画、提案や価格の相談にまでしっかりと応じることができます。これまで...

紙箱のデザイン性を高めるポイント

商品を開発してそれを売る場合に必要なのは外側の部分です。紙箱のデザインを考えることが求められますが、あまりそうしたものに自信がないという人は業者に発注して作ってもらうのもおすすめです。ただそれでは味気...

すべてのおしゃれな紙箱に見られる特徴

容器の部分にこだわりを持つ文化は日本に根強くありますが、それ以外にも最近はおしゃれな紙箱が多く出回るようになりました。お菓子を作る際には中身の商品をより魅力的なものにしていくことが求められますが、それ...