オリジナルTシャツを作る際の注意点

オリジナルTシャツを作製する際は、使用する目的や着心地など様々なポイントに注目して着る人が満足するデザインに仕上げることが大切です。プリントするデザインは着る人の年齢層にも合わせて考えましょう。例えば、クラスや学年などチームワークによる絆を高めるためにオリジナルのTシャツを作製する場合には、皆の意識をまとめるためにも目立つデザインやカラフルな色合いにすることでイベントを盛り上げるアイテムとして活用することがおすすめです。会社のイベントやボランティア活動など社会人や幅広い年齢層の方々が着用する場合には、落ち着いたデザインながらも企業や団体のPRとして印象に残りやすいロゴやキャラクターを活用する方法もあります。仕上がりのイメージを具体的に持つことで、着る人が満足する仕上がりを目指しましょう。

着心地の良さを実現するなら素材にもご注目を

オリジナルTシャツを着る機会が多い場合には、着心地の良さにも注目して肌に合う素材を選ぶことがおすすめです。Tシャツは様々な素材を用いて作製することができ、選ぶ素材によって着心地はもちろんプリントの仕上がりにも影響を与えます。天竺(てんじく)と呼ばれる素材は薄い生地のTシャツなどに多く使用されており、縦糸と横糸が交互に組み合わさった組織は伸縮性があります。通気性に優れたメッシュ素材は、肌触りが良く夏も快適に過ごすことができる素材として人気があります。裏毛の素材は添え糸編の一種であり、生地と肌の間に空気を含むことが出来る特徴を持ちます。主にスウェットやパーカーに使用される素材です。他にも様々な素材に注目して長く使い続けられるような、着心地の良いTシャツに仕上げましょう。

限られた予算で作製するならコストを意識して

予算内で素敵なオリジナルTシャツを作製するためにも、コストを意識してデザインを考えていくことが大切です。コストはデザインのプリントサイズによって変動します。プリントするサイズが小さければその分予算を減らすことが出来ますし、逆にデザインサイズが大きければその分費用がかかってしまいます。また、デザインに使用する色の種類によっても変わるでしょう。プリントする際に必要となる色数が多ければプリントする手間がかかるため、コストが上昇するのです。さらに、プリント方法もコストに関わる重要なポイントです。1色ごとに刷っていくシルクプリントはフルカラーでのプリントは出来ませんが、文字などがくっきりとした仕上がりとなり比較的低い費用で作製出来ます。しかし、フルカラープリントが可能なインクジェットプリントは高いデザイン性を実現出来ますが、費用が高くなってしまうのです。