比較的参入障壁が低いのがメリットです

購入型クラウドファンディングの大きな特徴ついて簡単にまとめてみました。この形の投資方法は日本では最近導入されたばかりです。この当時の仕組みが作られたのはアメリカです。アメリカ人は時として日本人では考えられないような合理的な考えをします。そのような合理的な考えで資金を集める手段を編み出したのがアメリカ人です。事の発端は2011年の3月にさかのぼります。アメリカで新しい形の金融サービスを提供する会社がオープンされたのです。その名前がとてもユニークです。READYFORというユニークな名前ですが、あえて日本語に翻訳すると、準備ができていますよ、というような感じになります。この新しいタイプの投資の方法には五つのタイプがありますが、そのうちの一つが購入型ということになります。そのメリットは比較的参入障壁が低いということにあります。わかりやすい言葉で説明すれば、誰でも簡単にこの投資に参入することができるということになります。

プロジェクトの内容がしっかりと定まっていること

それでは購入型クラウドファンディングで、お金を実際に集める手段について事細かく述べてみましょう。まずこのタイプの資金調達の方法ですが、多くの事業者ではプロジェクトの掲載相談ページというものが用意されています。インターネットを通じて誰でも閲覧することができます。それを読んだ人たちが掲載されている内容に賛同すればそれでビジネスが成立するという簡単な仕組みです。まだプロジェクトの内容がしっかりと定まっていないようなプロジェクトでは、当たり前ですがお金は集まりません。このタイプの資金調達で成功する方法はプロジェクトの内容がしっかりと定まっているということが必要条件となっています。プロジェクトの内容がしっかりと定まっていないようなプロジェクトに自分の大切なお金を投資する人たちはいないのではないでしょうか。

自分の投資したお金が社会的に有効利用される

購入型クラウドファンディングの大きな特徴としてAllornothingの考えがあります。日本では比較的馴染みの薄いような考えですが、それはいったいどのような考えなのでしょうか。この考えは実に簡単です。それはプロジェクトの募集期間内に資金が集まらない場合には、全ての資金は投資した人たちに返却されるということです。これがAllornothingの真髄ではないでしょうか。Allornothing方式は日本人にも大変受けています。自分の投資したお金が社会的に有効利用されるようでないと、とうてい満足できないのではないでしょうか。その点Allornothing方式はベストの方式であるということができます。

朝日新聞メディアラボが選定したオンラインサロンに参加できます。 クラウドファンディングの成功の秘訣がわかります。 サイトではクラウドファンディングの成功事例を掲載しています。 A-port寄付型の支援者は寄付金控除を受けることが出来ます。 様々なプロジェクトがメディアに紹介されています。 新聞社ならではの情報発信力が魅力です。 クラウドファンディングで気になるプロジェクトに寄付できます。 クラウドファンディングの購入型が多数|A-port